*

ハイドロキノン配合の市販のクリームでおすすめのものは?

公開日: : ビーグレンの美白ケア

現状の美白成分の中で最強と言われるのがハイドロキノンです。

以前は医療専門の成分でしたが、2001年より化粧品に配合することが可能となり、現在はさまざまな市販製品が売られています。

ハイドロキノンは現在でも実際に皮膚科などでシミや肝斑の治療に用いられるほど効果の高い成分ですが、それだけ刺激も強いので、肌が弱い人は注意が必要です。

人によっては赤味やかゆみなどがでることもありますので初めて使う場合は濃度は1~2%くらいを目安に選ぶのがよいかと思います。

市販の化粧品はそのあたりにも配慮されていて1~2%のものが多く、高くても4%までが目安と言われています。

ただしあまりにも濃度が低いものだとせっかくつけているのに効果がないということもありますからきちんと濃度が表示されているものを選ぶようにしましょう。

もし不安があるという方は皮膚科でハイドロキノンを処方してもらうと良いでしょう。
皮膚科では肌質にあった濃度のハイドロキノンを処方されますから、安心出来ます。

わざわざ皮膚科にいくのはちょっと・・・という方は市販のもので選ぶ際は濃度を確認して購入するようにしてください。

市販の物の中でおすすめなのがビーグレンの美白クリームです。

ビーグレンの美白クリームのハイドロキノン濃度は1.9%です。

1.9%という濃度はそこまで高くありません。

しかし、ビーグレンはQuSomeという特許取得の浸透技術を使うことで少ない量でもお肌に届かせることができます。

だから刺激はより少なく、効果を高めることが可能になったのです。

いくら濃度が濃くても浸透しなければ意味がないというのがビーグレンの考え方です。

またハイドロキノンは一般的に高価な成分ですが、ビーグレンは6000円台とお手頃価格なのもおすすめできる理由です。

関連記事

ビーグレンの美白 たった7日間で肌の赤味、色素沈着に効果を実感!

ビーグレンのリニューアルした美白ラインのトライアルセットを使ってみました! 今まであま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ビーグレン全品10%OFF!サマーセール実施中!

現在ビーグレンでは半期に一度のビッグセール「サマーセール2016」を開

no image
ハイドロキノン配合の市販のクリームでおすすめのものは?

現状の美白成分の中で最強と言われるのがハイドロキノンです。 以前

no image
二の腕ダイエット セルライトの消し方

夏になり半そでを着るようになると目立ってくるのが二の腕です。 きりり

no image
アイクリームって本当に必要?しわやクマ目元の悩みケア

アイクリームを普段使っていない人に限らず、使っている人もふと思うのがア

no image
おでこ、眉間、口元、目元あらゆるしわに!レチノール美容液「レチノA」の口コミ

年齢を重ねるとさまざまな部分にしわを発見し、ドキッとすることがあります

→もっと見る

PAGE TOP ↑